トップページ | 2008年9月 »

2008年8月に作成された記事

2008年8月31日 (日)

ゴーール!エドはるみ

自宅近くの国道は、毎年24時間テレビ・24時間マラソンの
コースになっています。
今年はエドはるみさんが113キロを走るという。

沿線に住む人々にとっては毎年恒例のイベントになっていて、ちょっとしたお祭り騒ぎ。
国道も大渋滞。

沿道の声援に答えながら走るランナーも、相当体力を消耗すると思いますが、コースを先回りしてギャラリーを整理するスタッフや警備の方も、ほんと大変ですね。
…と、思いつつも見物に行っちゃいました。

その時はちょっとお疲れの様子だったエドさんでしたが、無事ゴーール!おめでとう!
40代女性の星です!

Dsc00194 Dsc00195

2008年8月30日 (土)

赤いスイートピー

お台場で披露宴~新郎新婦お色直し入場。
何か私たちらしいセレモニーがしたくて、赤いスイートピーを
ゲストにお配りしました。
もちろん「赤いスイートピー」に乗って。

通常スイートピーは4月末にはシーズンが終わっており、おまけ
に赤となると入手が難しく、いろいろ調べて、やっと赤いスイート
ピーを作っている農家を見付けました。
が、こちらでも遅咲きの品種をうまく採取出きれば…とのこと
で、無理を承知でお願いして、式の一週間前になってなんとか
OKをいただき、当日の朝会場に到着したのでした。
Dsc03096







夫はデビュー以来の聖子ちゃんファン。
実は私も聖子ファンで、中高生の頃はコンサートに行ったり、
アルバムを聴いたり…そしてもちろん聖子ちゃんカットでしたcoldsweats01 
二人が出会ったばかりの頃、大晦日に夫は、恒例の松田聖子
Count Downコンサート行く予定でした。
友人が急病で行けなくなり、代わりに私が行くことになったので
すが、当時自分が夢中になっていた頃の曲のオンパレードで、
大盛り上がり。
今思うと、それで二人の距離が急に近くなったような気が
します。

夫との出会いは知人の紹介です。
観劇が趣味の私に「彼もライブとか好きだから、二人は絶対
会うはず」と。
ライブって聖子ちゃんかい!?と思いましたが、そのヨミは
当たっていたみたいです。coldsweats01

聖子ちゃんとCount Downし、明治神宮にお参りして初日の出
を見る。
それからは(と言っても今年やっと3回目ですが)これが我が家
の定番となっています。
Dsc03005

2008年8月29日 (金)

姿月あさと VS 東山義久

宝塚時代から応援している姿月あさとさん(ずんちゃん)と、東山義久さんのトークショーに行ってきました。

♪Tonigt のデュエットで客席を歩いて登場。
「私たち二人とも関西人なので、今日はベタな関西弁でお送りします」
ダンス&ボーカルユニット DIAMOND☆DOGSのリーダー・ヨシ君とは、DDのライブイベントにずんちゃんがゲスト出演してからのご縁です。

ずんちゃんからヨシくんに、童謡「ちょうちょ」の即興振付をリクエストすると、ヨシくんからずんちゃんに、美しい男役の立ち居振る舞い講座のリクエストがありました。
今やすっかり「女」に戻ったずんちゃんですが、男役時代は本当にホレボレする男っぷりだったんですぅ~。lovely
先日も二人で飲んでいたら、通りすがりのおじさんがヨシくんに向かって「あんた綺麗だね~」、ずんちゃんに向かって「かっこいいな~」と、言ったそうです。
ずん「おじさん、しばらくあんたを女と思ってたで~。
ずっと聞きたいと思ってたんやけど、髪洗う時、こんなん(髪をたなびかせるフリ)するん?」
ヨシ「そんなこと、せーへんせーへん。」

かみ合ってるんだかかみ合ってないんだかの関西弁トーク、過ぎ行く夏を惜しみながら♪TUNAMI のデュエットで締めくくりました。

ヨシ「では姿月さん、また今度、何か一緒にやりましょうね!」
ずん「え、私らでコントやるん?」
ちっとも締めくくれてへんやん!sad

ずんちゃん!
次はソロ・コンサート「PRYAR」でお会いしましょう~!

Dsc03110_2

2008年8月28日 (木)

お台場で披露宴

披露宴会場は自然光が入るお部屋にこだわって探しました。
ホテル日航東京でこのお部屋を見せていただいた時、大好き
なミュージカル「エリザベート」の一場面が浮かんで来て、
すでに新郎新婦入場の場面の曲と演出だけが、しっかり固まっ
ていました。

「私だけに」の曲に合わせて、テラスのカーテンがゆっくりゆっ
くり開いて行くと、目の前に広がるレインボープリッジを背に
新郎新婦入場!
劇中では、新婚早々宮廷での窮屈な生活を強いられたオース
トリア皇后・エリザベートが、「私の人生は私だけのもの。
誰にも束縛されず自由に生きるわ~」と力強く唄い上げる場面
なのですがcoldsweats01 ドイツ語なので、ま、いっか。

披露宴ではロングベールを外し、エリザベートの衣装を真似て
ロングショールを用意しました。

高校時代の吹奏楽部仲間が楽器演奏をしてくれました。
夫が松田聖子さんのファンなので、当時野球応援で演奏した
「渚のバルコニー」をリクエスト。
みんな実家の押入れの奥にしまってあった楽器を取り出して、
家事と育児、仕事の合間を縫って練習してくれました。
およそ四半世紀のブランクをものともせず、私にとっては
最高の演奏でした。

ちなみに当時我が校のピッチャーで活躍していたのが、
中日ドラゴンズ・山本昌投手
惜しくも甲子園出場はのがしましたが、汗と涙でぐちゃぐちゃ
になりながら応援したな~ baseball

2008年8月27日 (水)

お台場で結婚式

チャペルは「ルーチェ・マーレ(花の教会)」の名の通り、お花に
囲まれた暖かい雰囲気の教会です。
控え室で待つ私たちに神父様が、「今日はお二人にとって
最高の日。思いっきり楽しみましょう!」
と声をかけてくださり、
緊張が少しほぐれました。

ただひとつの心配は、父がバージンロードを無事歩けるか!?
でしたが、なんとか事なきを得ました。
夫も今度は指輪を間違えることもなくcoldsweats01、荘厳で素敵な結婚式
でした。

誓約の言葉
「その健やかなときも、病めるときも、豊かなるときも、
貧しきときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、
そのいのちのかぎり、かたく節操を守ることを約束いたしますか」
ほんとうに素敵な言葉です。

チャペルを出ると、ゲストの皆さんのフラワーシャワーが待っていました。

2008年8月26日 (火)

2度目の(?)結婚式

2008年4月26日 大安吉日
北京オリンピックの聖火が日本にやって来た日。
二人の生活の地・東京で結婚式を挙げました。shine

夫の故郷・北上での結婚式は、新郎側のゲストを中心に
岩手の親族、私の両親が参列しての結婚披露宴。
東京での結婚式は、新婦側のゲストを中心に、二人が
日頃からお世話になっている皆々様、学生時代からの友人、
東京の親族に参列していただいての結婚披露宴になりました。
「2度も結婚式が出来て幸せね~」とたくさんの方に言って
いただきますが、(2度目って、ちょっと人聞き悪いんです
けどぉ coldsweats01 )私たちにとっては、ふたつでひとつ。
でも2度も盛大な結婚式を挙げさせてくれた両親には、
本当に感謝しています。

昨年末あたりから週末ごとに式場巡りを開始し、ブライダル
フェアでの温かい演出と、レインボーブリッジが真近に見える
景観が気に入り、会場はホテル日航東京に決めました。

結婚式の準備は招待状の準備から。
カタログや文具メーカーのショールームを見たりして、
お気に入りのペーパーアイテムを探し、二人で手作りしました。

ドレス選びはかなり難航しましたが、足しげくホテルに通い、
試着を繰り返し…、また衣装室の皆さんのお取り計らいのお陰
で、ぴったりの1着に出会いました。
普段黒しか着ない夫には、オフホワイトのタキシードを選び
ました。
「なんか照れるな…」と言っていた夫も、まんざらではなかった
はず。scissors

2008年8月25日 (月)

北京オリンピック閉幕

National_0824_054

北京オリンピックが閉幕しました。

ママでは銅メダルだったヤワラちゃん
レスリング・伊調姉妹のガッツ、
失神状態に陥りながらも最後まで演技し続けた女子シンクロ
選手
などなど、特に女性の活躍に励まされました。

悲願の金メダル、女子ソフトボール・ルネサス高崎の選手は、
高崎で歯科医を開業する友人のお得意さん。
先日高崎に遊びに行った時、「祝・オリンピック出場」の横断幕
が掲げてあったのを見ていたので、私も高崎市民になったよう
な気持ちで応援していました。

開会式、閉会式の張芸謀監督の演出も素晴らしかった!
(東京オリンピックが実現しても…、日本では、とてもこんな
人海戦術は出来ませんね~)
…が、競技以外の不穏な話題もたくさんありました。

開会式口パク事件、偽造グッズや入場チケットの高額販売、
オリンピック施設建設の為に立ち退きをさせられた市民が
アメリカ人観光客を刺殺してしまった事件などなど。
そして中国国内でそれらの事件が報道されることはなく、
閉会式後の中国の新聞には「歴史的成功」「円満に成功」
などの文字が踊っていたこと。
中国という国の怖さと問題点が、浮き彫りになったような感じが
しました。

開会式の「口パク」問題で実際に歌を歌っていた少女は、
自分の名前が紹介すらされなかったテレビ放送を見てひどく
落胆し、歯型が残るほど自分の腕を噛んだそう。メディア取材を
避けて「遠くへ行っている」そうですが、どこに行ってしまったん
だろう…。think

2008年8月24日 (日)

リラの夏休み in 沢内

岩手県和賀郡沢内村
夫の父の生まれ故郷です。
お盆に北上に帰省した際、本家のお墓参りがてら、父と一緒に
行ってきました。

北上から車で約1時間、秋田県との県境に位置する沢内は、
まさに日本の原景といった場所。
お墓は、田んぼの中に立っていました。
夜は真っ暗になるんだろうな~。

北上の結婚式にも沢内からバスをチャーターして来て下さった
伯父や叔母たちが、お手製のごちそうを持ち寄り、集まって
くれていました。
9人兄弟の父。
1度や2度聞いた位じゃ、誰が何番目のお兄さんで妹さんか、
全く覚えられません。coldsweats01

お土産に、段ボール一杯のじゃがいも、なす、きゅうりと、
おばさんお手製の昆布巻き、たくさんいただいて帰りました。sun

Dsc00123うちのリラも一緒に行きました

Dsc00142 Dsc00143

                                  風が清清しいです

2008年8月23日 (土)

日本舞踊のお稽古

今日は日本舞踊のお稽古
巣鴨の師匠のお稽古場に不定期に通っています。

子供の頃から着物が好きで、生まれ変わるなら絶対男に
生まれて歌舞伎役者になりたいと思っていました。
母が職場のサークルでお稽古を始めたのをきっかけに、
私もお稽古をお願いするようになって、かれこれ20年。
直派若柳流(じきはわかやぎりゅう) 師範名取の名前を
いただいていますが、師匠の踊りには遠く及ばず、
踊りの世界ではまだまだヒヨッ子 chick です。

日本舞踊というと「おしとやか」とか「女らしい」とかよく言われ
ますが、男踊りなどは飛んだり跳ねたり結構ハード。
ゆっくりした動きにも、隅から隅まで体を使います。
阪東玉三郎さんが、自分が一番辛い形がお客様が見て
一番綺麗な形、とおっしゃっていましたが、ほんとうにその通り!

Tamaya_machida_015

将来は子供たちを教えられるよう、勉強の身です。

北上の花嫁

2008年1月13日 大安吉日

北上で結婚式を挙げました。
002

花嫁衣裳は、白無垢に綿帽子を選びました。

実家の目と鼻の先にある美容室で支度をしていただき、
神主さんは夫の中学の同級生のお父さん。
披露宴の司会者は夫の姉の学生時代の先輩にお願いし、
岩手の親族に囲まれて、地域密着型(?)の暖かく和やかな
結婚披露宴となりました。

桜の花が大好きです。
そして北上の市花も桜。
結婚指輪は二人の指輪を重ねると、木の幹から桜の花が
咲いて、花びらが舞っている一つの絵をデザインしてもらい
ました。
055 指輪の交換で、夫が手に取ったのはなんと自分の指輪。sweat01
巫女さんが小声で「こちらです、
こちらですcoldsweats02」と、
必死に
私の指輪を指して下さり、
やっと気付いた夫。
「…あ」
私は、笑いを堪えるのに必死でした。happy02

お色直しの衣装選びに迷っていたところ、「紫が似合うと思う」
と、夫の姉。
出して来ていただいた薄紫のオーガンジーの打ち掛けを
羽織ったら…、「似合う」「素敵」と、全会一致で決まりました。
去年の夏、初めて姉に会った時私の着ていた薄紫のブラウス
の印象が残っていたのかもしれませんが、私も紫は好きな色で、
姉のツルの一声で決まったのでした。

結婚式の準備は、横浜に住んでいる私たちに成り代って、
北上の両親と姉がすべてやってくれました。
特に姉には、会場との打ち合わせやら親戚への連絡やら、
なにからなにまでお願いしてしまい、大変感謝しています。

披露宴は、叔父の唄う「長持唄」で入場しました。
久々に父の9人兄弟も集まり、宴もたけなわ、大カラオケ大会
(それも皆さん玄人はだし!)になりました。
気が付くと、私の両親までもがマイクを持っている~!?
瀬戸の花嫁ならぬ「北上の花嫁」を歌ってくれましたが、
いいって~、替え歌まで作らなくて!

北上の母に手作りしたウエルカムベアをプレゼントしました。
父は本当にうれしそうで、私の手をとって何度も何度も
「ありがとう」と言ってくれました。

314 朝は猛吹雪だったのに披露宴が始まる頃には
すっかり晴れ

2008年8月21日 (木)

ふるさと

両親とも東京出身の為、「田舎」がなかった私。
結婚して、夫の故郷岩手県北上市が「田舎」になりました。

初めて北上に行ったのは、去年の8月。
夫の両親に会う為、二人で帰省しました。
その時ちょうど糖尿病から来る胆石の手術の為入院していた父とは、
病室での初対面となりました。
ベッドの上に座っているのも少し辛そうだった父ですが、秋にはすっかり顔色も
良くなり、母が止めるのも聞かず、おいしそうにお酒 bottle を飲んでいました。

息子がお嫁さんを連れて帰省するのを心待ちにしていた父。
心配のタネがひとつ減ったからでしょうか。coldsweats01
…それは私の父も然り…なのですが、病は気からってホントです!

↓北上みちのく芸能まつりで踊られる郷土芸能「鬼剣舞」(おにけんばい)と花火
北上川河川敷に打ち上げられる1万発の花火は圧巻!とにかく近い!

01820003_3 018200391_3

2008年8月20日 (水)

大切な家族

昨年長きに渡る独身生活に別れを告げ、結婚しました。shine

2007年7月7日 スリーセブン
夫から婚約指輪ringを贈られる。
Movie_026_2







横浜で新生活を開始。
夫の故郷にて結納。 

11月11日 大安吉日
これまたほとんどゴロ合わせで入籍しました。heart04

目下のところ、家族構成は
夫 1名
妻 1名
リラックマ 1名(?) なり。

去年のクリスマスに我が家にやって来たリラックマ
(夫からのクリスマスプレゼントpresent)は、これでなかなか
夫婦の潤滑剤になってくれます。
言いにくいことはリラックマの口真似で。
愚痴もリラックマにつぶやいてスッキリ。
そして何より、見ているだけで癒されます。catface
子はカスガイと言いますが、正にそれですな。

Dsc00101_3 そして今夏、私の誕生日にお祝いに来てくれたリラのお友達
夫からのメッセージカードを届けてくれました

ブログ開設!

日常生活で気になること、感じたこと、見たもの、聞いたものを
つらつらと書いて行きたいと思います。

数年前、ネット初心者のミソラでHPを開設しました。
観劇が趣味なので、舞台の感想などをいっちょ前に書いて
いたのですが…
更新の大変さとアクセスはの無さにくじけ、そのまま放置…

でもブログだったら、たいそうなウンチクもいらないし、
日記感覚で気軽に出来るかも good
さ~て、どの位続きますやら…

ところで…
「ウンチク」と書いたら、「薀蓄」と変換された。
…こんな字書くのね coldsweats01

トップページ | 2008年9月 »