« お誕生日おめでとう! | トップページ | 本日のお献立 »

2008年9月 3日 (水)

姿月あさと「PRYAR」初日

姿月あさとソロ・ライブ「PRYAR Ⅳ」~私だけの音楽(セカイ)が誕生する~を観て来ました。
Image026_2
今回で4回目を数える「PRYAR」は、ずんちゃん自身が選曲し、サウンド、舞台美術、照明から衣装までディレクションするソロ・ライブ。
今回は珍しくライブハウスで行われたのでステージがぐっと近く、客席降りもたくさんあり、親近感のあるライブでした。

オープニングは「Putting On the Ritz」
ソフト帽を斜めに被り螺旋階段から登場です。
宝塚時代の出演作品の中で、私の中ではベスト5に入るショー「グランドベルフォリー」のジャズの場面で使われた曲です。

「LOVE」「Sing Sing Sing」「Night and Day」など、ジャズを中心にスタンダードナンバーを歌い継いで行きます。

この歌が歌いたい!と思って一人でカラオケボックスで練習したという絢香さんの「三日月」
CMで流れているのを聞いてこの歌が歌いたい!と思ったという小田和正さんの「たしかなこと」
ずんちゃんのライブには異色の選曲です。

そして「PRYAR」恒例!?姿月先生とみんなで歌お~!のコーナー!(≧∇≦)
今回のレッスン曲は「フニクリ・フニクラ」を「鬼のパンツ」バージョンで。
なぜ、今、鬼のパンツなのか!?
全く持って意味不明ですが、みんなで「オニーのパンツはいいパンツー」と姿月先生のレッスンを受けました。
そこからピアノ&アレンジ担当の榊原大さん、アコースティックギター担当の遠山哲郎さんらとパンツ談議が始まり…。

気を取り直して、ビリージョエルの「The Stranger」
クイーンの「伝説のチャンピオン」
客席の明かりをしぼると、テーブルの上のキャンドルの炎がとっても綺麗。

そして昨年出演したミュージカル「ファントム」のナンバーから「You are my own」
ずんちゃんは、大沢たかおさん演じるファントムのお母さんベラドーラ役で、シルエットのみの映像出演でしたので、ファントムのイベントで歌った以来の生歌です。

そして、アンドレア・ボチェッリの「祈り」
ずんちゃんのライブでは、日本語の歌詞をつけてずっと歌い続けられている曲です。
結婚披露宴で「両親への手紙」を読ませていただいた時流した、私にとっても思い入れのある曲です。

全17曲(鬼のパンツ含)+おまけの「イタリア」で、3年ぶりの「PRYAR」初日が幕を降ろしました。
「はこう、はこう鬼のパンツ」と口ずさみながら、帰路に着きましたとさ。
Image027

オリジナルカクテル「INORI」

姿月あさとConsert Tour 2008
「PRYAR Ⅳ」
~私だけの音楽(セカイ)が誕生する~
2008年9月3、4日、9、10、11日
六本木 スイートベイジルSTB139

« お誕生日おめでとう! | トップページ | 本日のお献立 »

姿月あさと」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/42362635

この記事へのトラックバック一覧です: 姿月あさと「PRYAR」初日:

« お誕生日おめでとう! | トップページ | 本日のお献立 »