« 海老蔵さん オーラの泉 | トップページ | 東宝ミュージカル「エリザベート」 »

2008年11月23日 (日)

生・海老蔵さん 花形歌舞伎

今日は待ちに待った生・海老様にお会い出来る日!
新橋演舞場で上演中の「花形歌舞伎」を、昼夜通し観劇
して来ました。

Dsc00520

昼の部1幕目は海老さまが主役の通し狂言
伊勢音頭恋寝刃(いせおんど・こいのねたば)」
初役の福岡貢を演じます。



阿波の家老の息子・万次郎(門之助)は、家宝の名刀
「青江下坂(あおい しもさか)」を、悪人にそそのかされ
て質入し、その鑑定書も人に騙し取られてしまい、
昔の家来で今は伊勢神宮の下級の神職である貢に
取り返しを頼みます。

貢が「青江下坂」を手に入れ、伊勢参りの人でにぎわう
遊郭・油屋で万次郎を待っていると、貢が懇意にしている
遊女のお紺(笑三郎)に執心の悪臣・岩次(猿四郎)は、
自分の刀と青江下坂を入れ替えてしまいます。

岩次に加担する仲居の万野(吉弥)の差し金で、遊女に
金をかりて返さないという濡れ衣を着せられるわ、
お紺にも大勢の前でつれなくされるわで貢は、とうとう
万野に斬りかかってしまいます。
さらに刀に操られた貢は、伊勢音頭の踊りの真っ最中の
奥座敷へ血だらけの姿で乱入し、ばったばったと人を
斬ってしまいます。bearing

そこへお紺が、実はさっきの愛想尽かしは岩次から鑑定
書を取り戻すための狂言だったと話すと、貢は我に返り、
大勢の人を殺してしまったことを悔やみ、腹を切ろうとしま
すが、貢の家来筋の料理人・喜助(愛之助)の働きで、
すり替えられたと思っていた「青江下坂」は実は本物である
ことも分かり、無事鑑定書も取り戻すことが出来たと大喜び
するのでした。
めでたし、めでたし…ってこれだけ人を斬っていていーんか
い!?って感じですね。wobbly

見所は、刀に操られた貢が次々人を斬って行く様を様式美
で見せていくところ。
團パパが演られた時と少し趣を変えて、海老様の貢は、
刀に操られ訳も分からず感、を強調していたように感じました。
白塗りのお顔に真っ赤な血。
…なかなかスプラッターです。shock


続く2幕目は、静御前・菊之助、お共の佐藤忠信・松禄コンビ
による舞踊吉野山
菊ちゃんが登場すると、あまりの美しさに客席がざわざわ。

Dsc00522 Dsc00518










夜の部1幕目、通し狂言伽羅先代萩(めいぼく・せんだい
はぎ)」
は、江戸時代の仙台藩伊達家のお家騒動を題材に、
足利氏の執権・仁木弾正(にっき だんじょう)(海老蔵)や、
妹・八汐(愛之助)らが、足利氏のっとりを企むというお話。

幼い主君・鶴千代へのお見舞いにと、弾正一派の栄御前
右之助)が持参した不審なお菓子。
鶴千代の乳母・政岡(菊之助)の子・千松は、このお菓子を
真っ先に食べます。
実は鶴千代を殺す為の毒が仕込まれていることを知られ
たくない八汐は、政岡の目の前で千松を殺してしまいます。
が、政岡は人前では動揺を見せず、一人になった時、
主君の身代わりになって死んだわが子を「でかした!」と
褒めるのです。
千松のけなげさと、気丈な母の情が涙を誘います。crying

海老さま演じる弾正の登場は、スモークが焚かれ蝋燭の
明かりだけに照らされて、オドロオドロしく花道からセリ
上がります。
人間離れした(?)美しさ。

結局弾正は企みを暴かれ、お奉行様・細川勝元(松禄
に裁かれてしまうのですが、裁定の場面で一点を見据え
て座る海老さまと、ちょうど目線の位置のお席だったの
で目が合ってしまい、あまりの美しさに固まってしまい
ました。lovely

そして愛之助獅童による舞踊龍寅で幕を降ろしました。


終演後は、海老さまをネタに友人たちとお食事。
ネタが良かったからか、3人でワイン2本を空け、
良い気分で帰宅しました。wine

私は今年はこれで生海老さま納め。
友人たちは来月の京都南座 顔見せ興行にも
行くので、ブロマイド(って死語?)のお土産と
観劇報告を楽しみに待ちたいと思います。

« 海老蔵さん オーラの泉 | トップページ | 東宝ミュージカル「エリザベート」 »

市川海老蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/43216467

この記事へのトラックバック一覧です: 生・海老蔵さん 花形歌舞伎:

« 海老蔵さん オーラの泉 | トップページ | 東宝ミュージカル「エリザベート」 »