« あいのりの「やまじ」帰国 | トップページ | ハート ハート ハート »

2009年2月12日 (木)

ストレンジワールド 北朝鮮

中曽根弘文外相は2月11日、韓国の柳明桓(ユ・ミョンファン)
外交通商相と会談した。
この後の共同記者会見で柳氏は、1987年の大韓航空機爆破
事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚と、拉致被害者
で金元死刑囚に日本語を教えていた田口八重子さん=拉致
当時(22)=の家族との面会について、時期など具体的な調整
を進めていることを明らかにした。

1978年に拉致された田口八重子さんに関して、北朝鮮は、
「同じ拉致被害者の原敕晁(ただあき)さんと結婚し、交通事故
で死亡した」と主張しているが、日本に帰国した拉致被害者が、
「北朝鮮にいる頃、田口さんが韓国人男性と結婚したと聞いた」
などと証言しており、結婚の時期は、北朝鮮が田口さんが死亡
したと主張する1986年以降だという。

田口さんの兄の飯塚繁雄さんは、金元死刑囚への面会や
田口さんに関する新たな証言について、「(金元死刑囚と)会う
こと自体が、拉致問題の話題について大きなインパクトがある
のではないかと」とコメントした。




1991年に出版された金賢姫・著「今、おんなとして 金賢姫
全告白」
上下刊。
当時の職場の同僚が読み始め、「面白い!」と勧めてくれたのを
きっかけに、み~んなで回し読みしました。

自身の生い立ち、北朝鮮での生活について、その美貌と大学で
日本語を学んでいたことから工作員としての教育を受け、大韓
航空機爆破の実行犯となり、計画を遂行し逮捕、そして自供に
至るまでの事実と心情が、細かく綴られています。
大韓航空機爆破計画を実行していく様子は、まさに手に汗握る
展開。coldsweats02
夢中で読んでしまいました。

そして北朝鮮での生活に、衝撃を受けました。
北朝鮮には、一般市民全員にいわゆる五人組のような制度が
あって、お互いを同志(トンム)と呼び合い、日常生活を総轄
し合うのです。
ご主人がお酒を飲み過ぎれば、普通の奥さんは、ご主人の体を
心配しますが、北朝鮮では、総括にあうことを恐れて酒を飲むな、
と言うのです。
子供たちには、徹底した洗脳教育が行われ、日々マスゲームの
練習に借り出されるのです。
彼らの生活の全てが「我らが偉大なる領主様」=金日成(キム・
イルソン)~金正日(キム・ジョンイル)総書記の為にあるのです。

それらがあまりにもカルチャーショックで、みんな北朝鮮に感化
されてしまって、仕事中も「○○トンム!私語は謹んで下さい!」
「△△トンム!あなたは今日も遅刻しましたね!」なんて口調に
なって笑っていましたが、冗談ではなく、北朝鮮では今日もそんな
ことが行われているのです。

そしてまた、金賢姫自身も、金総書記独裁政治の被害者の一人
ではないか、と思うのです。


金賢姫は、工作員養成施設内での李恩恵(リ・ウネ)先生(田口
八重子さんと見られている)との生活についても書いています。
李先生は、いつも日本を懐かしむような目をしていた、と。


どうか、田口さんのご家族と金賢姫元死刑囚との面会が実現
しますように。
そして、一日も早く、一人でも多くの拉致被害者とご家族の対面
が実現しますように!rock

« あいのりの「やまじ」帰国 | トップページ | ハート ハート ハート »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/44038013

この記事へのトラックバック一覧です: ストレンジワールド 北朝鮮:

« あいのりの「やまじ」帰国 | トップページ | ハート ハート ハート »