« 雛人形は早くしまおう | トップページ | 春のリラックマフェア »

2009年3月 3日 (火)

姿月あさと 渋谷アリス

今日は、姿月あさとさんご出演、「渋谷アリス」初日。
一体何の舞台なのか見当もつかぬまま、渋谷・シアター
コクーン
に観に行って来ました。
Dsc00934





出演者は、モデルの川原亜矢子さん
歌舞伎俳優の中村扇雀さん
宝塚の振付家・演出家でもあるミュージカル俳優の平澤智さん
至上最年少宝塚振付家でもある桜木涼介くん
ヴァイオリン・パーカッション・ピアノによる女性ユニット
MODEAの生演奏、そして個性的なダンサー陣。
こんな多種多様な皆さんに混じって、ずんちゃんは何を
するのでしょうか!?

楽曲協力は、先日のずんちゃんのライブに川原さんと
来て下さった槇原敬之さん。 (詳しくはこちら

そして演出は、元宝塚歌劇団演出家の荻田浩一氏
荻田先生と言えば、男同士の友情…を越えた愛を描い
たり、独特な世界感で難解な作品が多く、「やってる方も
訳わかりません」と、元月組トップスター真琴つばさ氏に
言わしめた方。coldsweats01
今回も荻田ワールド全開でした。

「ふしぎの国」に迷い込んでしまったアリスのように、「渋谷
という街」に迷い込んでしまった様々な人間を描いて行く
歌とダンスによるパフォーマンス、台詞のないお芝居、と
いったところでしょうか。

そして、舞台はさながら川原亜矢子さんのファッションショー
でした。coldsweats01
SEXYなドレスからジーンズ姿、超ミニスカアリスちゃんルック
からダブルラインの真っ赤なジャージまで何を着てもお似合い。
そのおみ足のお美しいこと。lovely
ずんちゃんも負けず劣らずの長身ですが、川原さんのほうが
顔が小さいの~。catface
さすがパリコレモデルは違いますな。

扇雀さんが花魁(おいらん)道中や晒(さらし)の振りといった
歌舞伎の手法で見せたり、シンガーソングライターのウエタマユ
さん
の弾き語りがあったり、と不思議なジョイントが続きます。
9歳で劇団四季「ライオンキング」ヤングシンバ役に大抜擢
されたという長村航希くんのタップダンスは素晴らしかった!shine

ずんちゃんも自身のアルバムから数曲披露。
いつものステージよりかなり濃い目のメイクをしてましたが、
宝塚時代のメイクに近くて、ちょっと懐かしかった。
渋谷の女王(?)的お衣装に身を包み、が~~~っと歌い
上げて下さって、ずんファン的には「拍手~!ここで幕~」と
行きたいところなのですが、性別不明ダンサー・牧宗孝さん
の独特なパフォーマンスが始まっちゃったりして、ちょっと
消化不良気味ではありました。despair

客席には、渡辺えりさん、服部まこさんなどいらしてました。
マッキーも観に来るのかな?

約2時間の舞台が終演し、劇場の外に出ると、渋谷の街には
雪が降っていました。snow

Dsc00935

「渋谷アリス」

2009年3月3日~7日
Bunkamura シアターコクーン










« 雛人形は早くしまおう | トップページ | 春のリラックマフェア »

姿月あさと」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/44236833

この記事へのトラックバック一覧です: 姿月あさと 渋谷アリス:

« 雛人形は早くしまおう | トップページ | 春のリラックマフェア »