« 桜だより | トップページ | さぬきうどん »

2009年4月21日 (火)

和歌山毒物カレー事件 

和歌山市で平成10年、4人が死亡し63人が急性ヒ素中毒に
なった毒物カレー事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われ
1、2審で死刑判決を受けた林真須美被告(47)に、今日、
最高裁判所の死刑判決が言い渡されました。

最高裁が、林真須美被告の犯罪事実として認定した要旨は…
【毒物カレー事件】
平成10年7月25日、夏祭りのカレー鍋の中にヒ素を混入。
カレーを食べた住民4人を殺害し、63人を急性ヒ素中毒に
させた。

【ヒ素入り葛湯事件】
9年2月、死亡保険金などの取得目的で、夫にヒ素を混入した
葛湯を食べさせた。

【ヒ素入り牛丼事件】
9年9月、死亡保険金などの取得目的で、知人男性にヒ素入り
牛丼を食べさせ入院給付金をだまし取った

【ヒ素入りうどん事件】
10年3月、死亡保険金などの取得目的で、知人男性にヒ素入り
うどんを食べさせた。

【保険金詐欺の3事件】
5~9年、夫と共謀し、被告のやけどや夫の骨折の原因、障害
の程度を偽り、高度障害保険金など総額約1億6000万円を
詐取した。


大阪拘置所の中で、弁護人から死刑判決を聞いた林真須美
被告は、「真犯人は別にいる。無実のわたしが、国家の
誤った裁判によって命を奪われることが悔しくてならない」
とコメントしたそうです。

さらに分からないのが林真須美被告のご主人。
自分も保険金目当ての殺人未遂にあっておきながらも、「最高
裁が重大な間違いを犯している」と、コメントしていました。coldsweats02

週刊誌の見出し「出所したらカレー屋でもやろうかな」と、林
真須美被告が言ったとか言わないとか。
洒落がキツすぎるーangry

最高裁の判決は下ったものの、結局は犯行動機もはっきり
しないし、被告は犯行を否認し続け、反省の色ゼロ。
なんだかすっきりしませんね…wobbly

今日たまたま実家の母から電話。
いきなり「カレー、死刑だね」
…なんだかわからんってcoldsweats01







« 桜だより | トップページ | さぬきうどん »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/44747252

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山毒物カレー事件 :

« 桜だより | トップページ | さぬきうどん »