« デジタルテレビが来たっ | トップページ | 市川海老蔵 特別舞踊公演 »

2009年4月13日 (月)

千秋楽!

Sper Live Vol,2『LOVE LEGEND』東京公演千秋楽
観て来ました。

一部のオープニング、重々しいOvertureのメロディーに乗って
出演者が舞台に登場すると、客席から大きな拍手が。
オープニングから、客席の熱気が違います。

ロミオ=ルカスと、ジュリエット=マジャーンのデュエットナンバー
は、「ロミオとジュリエット」から、有名なバルコニーのシーンで
唄われる「Der Balkon」、「West Side Story」から「マリア」など
美しい曲ばかり。
ルカスとマジャーンの「ロミオとジュリエット」が益々観てみたく
なりました。
二人の「West Side Story」も、イケルと思うけどhappy01

一方、「West Side Story」のエネルギッシュなダンスパーティー
の場面、ジェット団とシャーク団の対立をイメージさせる力強い
ダンスシーン、映画「ロミオとジュリエットから「Kissing you」を
ずんちゃんがムーディーに唄い、と、二つの悲恋のお話が
交錯して行きます。

そしてロミオとジュリエットが永遠の愛を誓う場面で唄われる
「Liebe」
このコンサートのお稽古は、「Liebe」で始まり「Liebe」で終わった
という位、ものすごいお稽古を積んだ曲なんだそうです。
その名曲を感動的に唄い上げ、1部は幕。
と、思ったら、もう一度幕が上がりました。
1部の終演でカーテンコールなんて、粋な演出です。


そして2部。
マテの「トーキョー~~~~!」の雄叫びで始まります。
ノリノリのオープニングの後は、ミュージカルコーナー。
マテと彼方くんのデュエットで、RENTから「One Song Glory」
でスタート!
…と行くはずが、ここからがマテコーナー。rock
客席を巻き込んで、マテの爆走が始まります。
彼方くん、よくぞ毎回ついて行った!coldsweats01
…半分、勝手にやってくれモードだったけどconfident

そして、ジキル&ハイドから「In His Eyes」を、ずんちゃんと
マジャーン、女性ヴォーカルのデュエットで。
エリザベート「闇が広がる」は、何度聴いても鳥肌が立ちます。
ずんちゃんは、マテのキーに合わせて、宝塚バージョンより
1音下げたキーで唄っているそうです。

布袋寅泰の「POISON」~JAZZバージョンは、パンツスーツ
にソフト帽のずんちゃんが、男性ダンサー6人を引き連れて
踊ります!
足のスタンスの取り方とか、手の運びとか、男役時代のまま
なんだけど、妙に女っぽくもあり、かっこ良いです。
姿月あさとは男でも女でもない。
が、男でも女でもある…のかもしれません。lovely

マジャーンが、アンジェラアキの「幸せのカケラ」を、ルカスと
マジャーンのデュエットで、二人が作詞作曲した「世界の果て
まで」を、日本語で唄ってくれます。
カタコトの日本語が、切なさ倍増…。weep
「幸せのカケラ」を唄い終わったマジャーンは、そっと涙を
拭っていたように見えました。

「世界の果てまで」の♪あな~た、飛んで来て〜、という歌詞が、
♪かな~た、と聴こえて、彼方くんは一人喜んでいるそうな。
「♪風渡~る、という歌詞もありますよ」、とルカスが口ずさむ
と、わたるさんはメロメロheart01
ずんちゃん「♪朝と〜、とか、そういうところはないですか?」
ルカス「ごめんなさい。
次は、「朝」という歌詞が入る歌を作ります」
Sper Live Lol,3ではぜひ!

ずんちゃんが敬愛するアンドレア・ボチェッリが、ラウラ・パウ
ジーニとデュエットした曲「生きる」
この曲の前奏が流れると、あ~、終わってしまう~、という気分
になってしまいますが、ずんちゃんとマテのデュエットも素晴らしい
です。
しっかし、マテの喉はどうなってるんでしょ。
あんなに絶叫してもびくともしないし、客席を走り回って舞台に
戻っても、よどみなく唄い続けている強靭な喉。
「生きる」は、情感豊かに、かつ力強く「日本語で」唄いあげて
くれます。

そして客席オールスタンディングでエンディングへ。
カーテンコールでは、客席でひときわ目立っていたcoldsweats01振付の
広崎うらんさんが飛び入りで舞台へ。
うらんさんも客席も一緒に、再び「銀河鉄道999」を唄って踊って、
幕が降りました。shine

明日には、マテはハンガリーへ、ルカスとマジャーンはウィーン
に帰ってしまうのですね。weep
Vol.3は、きっとある!という気がしてならないのですが、次は
どんな趣向のSuper Liveになるでしょう、今から楽しみです!
しばらくは、この余韻にひたりつつ…。


« デジタルテレビが来たっ | トップページ | 市川海老蔵 特別舞踊公演 »

姿月あさと」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/44668576

この記事へのトラックバック一覧です: 千秋楽!:

« デジタルテレビが来たっ | トップページ | 市川海老蔵 特別舞踊公演 »