« 母の日 | トップページ | インフルエンザ? »

2009年5月10日 (日)

雪組東京宝塚劇場公演

今日は久々の宝塚観劇。
雪組「風の錦絵」「ZORO 仮面のメサイヤ」を、夫と観て
来ました。
この公演で、雪組トップ娘役の白羽ゆり(となみ)ちゃんが
退団されますweep
お茶会のお手伝いなどをしていたことがあるので、となみ
ちゃんの最後の舞台が観たくて、東京宝塚劇場へ。

Dsc01243








「風の錦絵」は、日本物のショー。
となみちゃん扮する女岡っ引きが追うのは、白波五人男。
続く「風の盆恋歌」の場面では、松本悠里理事のご登場。
そして御大ご登場!
上杉謙信・轟悠理事が、舞台中央にセリ上がり~!!!
武田信玄・水夏希と決戦の場面です。
川中島の合戦もダンス対決にしてしまうのが、「宝塚」です。
マツケンもびっくりな、ジャズ風「ソーラン節」、「さくらさくら」、
そしてフィナーレと続きます。

2部は、お芝居「ZORO 仮面のメサイヤ」。
舞台は、19世紀初頭のスペイン領カリフォルニア。
黒いマントをひるがえし現れた「怪傑ゾロ」。
ゾロはマスクにその素顔を隠し、スペインの圧政に苦しむ
民衆を救うべく戦うのだったー。

演出は、谷正純先生。
勧善懲悪のヒーローもので、準主役の人物が死に際には
「泣き」の場面が必ず入る、谷節は健在でしたcoldsweats01
おまけにスペインものだったので、真琴つばさ・姿月あさと
コンビの名作(?)月組公演「エル・ド・ラード」を思い出して
しまいました。

出色は緒月遠麻くん。
前々から独特の存在感と華のある生徒さんだな~、と思って
いましたが、今回のお馬鹿な軍曹ガルシアは、ぴったりはまり
ました。

となみちゃんは、農園のお嬢さんでありながら、レディーゾロ
となって活躍するおてんば娘を、かわいらしく、コミカルに
演じていました。
フィナーレ前のショーでは、同期の音月桂ちゃん、2番手の
彩吹真央さん、もちろんトップの水さんともしっかり絡んで、
ちょっとうるうる来てしまいましたweep
これで宝塚でのとなみちゃんは、見納めですcrying

Dsc01242






開演前に、となみちゃん会のスタッフさんにドーナツを差し入れ。
ぴったんこカンカンで、米倉涼子さんが楽屋見舞いに買って
いたもの。
お味見してみたら…油を使っていないので、ふんわり軽~い
美味しさでしたheart





« 母の日 | トップページ | インフルエンザ? »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/44974056

この記事へのトラックバック一覧です: 雪組東京宝塚劇場公演:

« 母の日 | トップページ | インフルエンザ? »