« 松田聖子 武道館初日 | トップページ | エアコン »

2009年7月11日 (土)

七月大歌舞伎

昨日のコンサート疲れを少々持ち越しつつ…coldsweats01、夫は今日も
武道館、私は歌舞伎座へ。
歌舞伎座さよなら公演『七月大歌舞伎』を昼夜通し観劇して
来ました。
Dsc01560 Dsc01555_2












さよなら歌舞伎座カウントダウン時計は、刻々と時を刻んでいます。
Dsc01554















珍しく(?)開場時間に海老蔵ファンの友人たちと待ち合わせ
出来、お昼の食堂の予約をしてお席へ。


昼の部1幕目は、幸田露伴原作の「五重塔」
谷中感応寺の五重塔建立を巡る、大工・源太 中村獅童 
十兵衛 中村勘太郎 の対象的な姿を描いたお話し。
非常ーにしんみりした始まりの為(?)いきなり睡魔に襲われ、
気が付いたら五重塔がすっかり完成しておりましたcoldsweats01
勘太郎ちゃんは、声から台詞回しからお父さん(中村勘三郎
さん)にソックリになってきましたね〜。

2幕目は、泉鏡花原作の「海神別荘」
舞台は遥か彼方の海底の宮殿。
公子 市川海老蔵 のもとへ、地上の美女 阪東玉三郎 
輿入れの為やって来ます。
美女は、公子から両親に与えられた大量の海産物と引き
換えに、人間としての命を失い海底の宮殿に招かれますが、
地上への未練を絶てずに、公子に自分を刺すよう懇願します。
ところが公子の表情に、やがて美女は心を通わせ、二人
は契りを交わすのでした。

幻想的な海底のセットと、生ハープの音色が涼しげです。
海底にやって来た美女は蛇に姿を変えている、という設定
ですが、その玉様の優雅で美しいこと…。
海老様のお衣装は、なんとかならんもんかしらね~。
厚底靴がヒジョーに歩きにくそうだし…despair


夜の部1幕目は、「夏祭浪花鑑」(なつまつりなにわかがみ)
去年4月のこんぴら歌舞伎で海老様が初役に挑んだ作品を
歌舞伎座で再び!です。

魚売りの団七九郎兵衛 市川海老蔵 が、女房のお梶 
市川笑三郎 の主人筋の玉島兵太夫の子息であり、誤って
人を殺してしまったことから追われる身をなった、磯之丞 

市川笑也 と恋人琴浦 市川春猿 を救い出すため奔走する
物語。
団七は、琴浦を奪い返そうとする一寸徳兵衛 
中村獅童 
喧嘩をふっかけられますが、お梶に恩のある徳兵衛は、
団七と
義兄弟となり、徳兵衛の女房お辰 中村勘太郎 
やって来て、磯之丞を救おうと申し出ます。


金に目がくらみ、琴浦を連れ出そうとした舅・義平次 市川市蔵 
を団七が殺してしまう「殺し場」の場面。
音楽に合わせて見得を切る様式的な動きで表現する、1番の
見せ場です。
海老様は気合十分!
本物の泥池に足を突っ込み、本物の水で洗い流すというのも
夏らしい演出です。

鉄弓を頬に当て自らの顔に傷を付けるお梶の勘太郎ちゃん。
世話女房役もお父さんにそっくりになって来たな~、と思いました
が、とっても良かった!
前田愛ちゃんとご結婚されて、公私ともに益々頼もしくなって来た
みたいですネ。


続く2幕目は、「天守物語」
歌舞伎座で上演された泉鏡花作品の中で、一番好きな作品
です。
白鷺城の天守閣には、この世とは別の世界があり、その主・富姫
玉三郎 の館となっていました。
藩主秘蔵の鷹を逃してしまった鷹匠の図書之助(ずしょのすけ)
海老蔵 は、鷹を追って天守閣にやって来ます。
生きて帰った者はいないと伝えられる城の最上階に向かえば、
切腹を免除してやる、というのです。
忠信で清祥な図書之助に心奪われた富姫は、最上階まで来た
証として、藩主の家宝の兜を図書之助に与えますが、下界に
帰った図書之助は、この兜から賊と疑われ、再び天守閣に
逃げ込んで来ます。
図書之助が帰って来たことに富姫は喜びますが、追って来た
藩主の家来たちに異界の象徴である獅子頭の目を傷つけられ、
二人は光を失ってしまいます。
そこへ獅子頭の作者、名工・桃禄 片岡我當 が現れ、獅子頭の
目にノミを入れると、富姫と図書之助は光を取り戻します。
二人は手を取り合って喜び、天守閣で幾久しく仲良く暮らした…
のでしょうか…coldsweats01

図書様の、ほんとうに美しく、心の清らかなことよ…lovely
富姫の「返したくない…」という心境、大きく頷いてしまいマス。
、露を餌に下界に糸を垂らして花の釣ったり、空を渡って富姫
の所に遊びに来る亀姫 勘太郎 の手土産が人間の生首
だったりするのが面白味。
そして、富姫様のこの世のものとは思われぬ高貴な美しさ、
優雅でありながらも絶妙なテンポの台詞回し…。
玉様は、鏡花の独特な世界観を表現出来る、唯一無二の
役者さんではないでしょうか。

異次元空間にしばしタイムトリップし、歌舞伎公演では異例の
カーテンコールで終演となりました。

0907kabukiza_p02











歌舞伎座さよなら公演 七月大歌舞伎
平成21年7月3日~27日
歌舞伎座

« 松田聖子 武道館初日 | トップページ | エアコン »

市川海老蔵」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/45603476

この記事へのトラックバック一覧です: 七月大歌舞伎:

« 松田聖子 武道館初日 | トップページ | エアコン »