« 明日は皆既日食 | トップページ | コクーン歌舞伎「桜姫」 »

2009年7月22日 (水)

皆既日食

世紀の天文ショー・皆既日食sun

今日は、3連休に2連勤した代休をいただき、日食を楽しみに
していたのですが…。
ここ横浜では、空は雲cloudに覆われて太陽が顔を出す気配が
ない…。sad
仕方がないので、テレビの各地からの生中継に見入る。


世界最初の皆既日食地点は、インド
ヒンズー教では、日食は悪魔が太陽を飲み込んでしまう不吉
なものとされ、忌み嫌われているんだそうです。
日食が始まると、人々はガンジス川で身を清めながら、早く
日食が終わるのを祈っていました。
太陽がまた顔を出すと、これで世界に平和が戻って来た、と
喜びの声を上げるのでした。

お隣のチベット仏教の国ブータンでは、皆既日食は幸運なこと
の起こる前ぶれとされています。
寺ではお坊さんたちが、日食を祝う音楽を奏でていました。

そのまたお隣の中国・上海は雨。rain
皆既日食当日は雨との予報が出ていた上海では、北京オリン
ピックの時に使われた人工雨消のロケットを打ち上げてほしい、
という市民からの声が上がったとか。
結局雨で皆既日食は見られませんでしたが、辺りは夜のように
真っ暗になり、街灯やビルのネオンが灯りました。


NHKでは、悪石島、屋久島、硫黄島、硫黄島近くの太平洋上の
船の上から生中継していました。

日本で1番長時間皆既日食が観察出来るとして、多くの人が
乗り込んだ悪石島でしたが、あいにくの雨。
島の人たちもツアー客の為の水を運んできたり、テントを設営
したり、必死に準備したのに残念でした。weep
屋久島も雨でしたが、雲の上で皆既日食が始まると、辺りが
みるみる暗くなり、屋久杉の森が闇に包まれたのは神秘的
でした。

国立天文台のチームが観測場所に選んだのは硫黄島。
許可なく一般人が立ち入ることの出来ない島で、綺麗な皆既
日食が観察出来ました。

Dsc01591_2










硫黄島
からの皆既日食のテレビ画像デスcoldsweats01
テレビの映像でも充分神秘的だ~。


2日前に横浜港を出発し、太平洋の上の船の上で、皆既日食
を観察しようというツアー。
船長さんは、天気図と航海地図に首っ引きで、快晴の場所を
選んで航路を決めます。
いわく「プレッシャーに押しつぶされそうな毎日です」とcoldsweats01
が、船長の完璧な舵取りで、快晴、360°遮るもののない大
パノラマでの皆既日食は、周囲の景色の変化も含めて素晴ら
しかった~。

Dsc01597
太平洋上の船からの
ダイヤモンドリング



Dsc01598





Dsc01599










次に日本で皆既日食が見れるのは、26年後の2035年。
その時は、絶対に船で見に行こうっと!rock




« 明日は皆既日食 | トップページ | コクーン歌舞伎「桜姫」 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/45711198

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食:

« 明日は皆既日食 | トップページ | コクーン歌舞伎「桜姫」 »