« 北上へ | トップページ | 奥入瀬渓流と北上花火大会 »

2009年8月 2日 (日)

ねぶた祭

8月2日
北上から足を延ばし、青森ねぶた祭を見に行ってきました。

北上から東北自動車道路で約3時間。
休日割引を利用して、高速料金1000円也~happy01

青森に到着し、まずは腹ごしらえ。
青森県観光物産館・アスパム10階のお食事処から、津軽海峡
を一望。
雨が降りそうな、ちょっと怪しいお天気cloud
お祭が終わるまで、もってくれ~。
Dsc00039

海の向こうは、
下北半島。





出陣前の「ねぶた」も展示されていました。
Dsc00057









ホタテづくしで腹ごしらえして、しっかりお土産も買って、ホテルに
チェックイン。
とうとう雨が降って来てしまいましたrain
すると、フロントに
「当ホテルお客様用観覧席あります 無料」との張り紙が。
観覧席はホテルの目の前。
しかも無料だと~!?
今回は珍しく、有料観覧席をゲットして準備万端で来たのにぃ。
さ、先に言ってよぉ~coldsweats02

が、せっかく用意した観覧席を無駄にするのももったいない
ので、ホテルから徒歩3分の観覧席の席取りに行く。

街のあちこちで、ねぶたがスタンバイする頃、雨はますます
強くなって来ました。
雨よけの為、ねぶたにビニールがかけてあったのがちょっと
残念でしたが、火が灯ると迫力!です。

Dsc00104











雨の降る中、祭りがスタート!
お~~~、ねぶたは側で見ると、やっぱいでかい。
ねぶた祭りは、お囃子、「ラッセーラー、ラッセーラー」とかけ声を
かけながら跳ねるように踊るハネト、そして扇子持ちに先導されて
曳き手に曳かれたねぶたが町内を練り歩きます。

Dsc00080









ハネトは「跳ね人」に由来され、自由参加なんだそうです。
夫は20年以上も前、もちろんハネトの衣装を着て、青森の友人
と一緒に参加したことがあるそうです。

しっかしこりゃ、若くなきゃ出来ませんネcoldsweats01
一時は「カラス族」と言って、黒装束で祭りに乱入し大暴れする
輩もいたそう。
その奇行がエスカレートし暴力沙汰にまで発展した為、警察と
市民ボランティアによるカラスハネト一掃排除が行われ、最近
では平和はお祭りになったそうですが、それにしてもハネトさん
たち、おとなしすぎるんじゃないの~?coldsweats01
初日だからかな。
観覧席から「ハネトは跳ねるんだ!歩くな!」と、怒鳴ってる
おじさんもいましたcoldsweats02


Dsc00066




Dsc00082
Dsc00139







少し小ぶりの「子供ねぶた」
子供達も一生懸命ねぶたを曳きます。
Dsc00124Dsc00129








Dsc00108_2 Dsc00121

こんな可愛いねぶたも。

Dsc00126

金魚ねぶた






う~ん、日本版エレクトリカルパレードですね。
それともディズニーが真似したのかも?
途中から雨もやみ、勇壮なねぶたを満喫出来ましたhappy01

Dsc00094


Dsc00107_3













その晩は、夢の中でも「ラッセ~ラ、ラッセ~ラ」のかけ声が
頭の中を駆け巡り、ねぶたをバックに、助六の扮装の海老様
が登場し、海老蔵ショーが行われているというへんちくりんな
夢を見ましたcoldsweats01

« 北上へ | トップページ | 奥入瀬渓流と北上花火大会 »

市川海老蔵」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/45828184

この記事へのトラックバック一覧です: ねぶた祭:

« 北上へ | トップページ | 奥入瀬渓流と北上花火大会 »