« レ・ミゼラブル | トップページ | チョコレート色の山手線 »

2009年11月 1日 (日)

ベルサイユのばら アンドレ編

今日は東京宝塚劇場で、宝塚花組公演を観て来ました。

演目は『外伝 ベルサイユのばら-アンドレ編』
スパークリング・ショー『EXCITER!!』

Dsc00873_4













何度か宝塚観劇している夫ですが、「やっぱ一度ベルばらが観て
みたいなぁ」というので、リクエストにお答えしましたよん。
「宝塚って、ベルばら以外のものも演るんだ」と言った友人が
いましたが、ベルばら演ることのほうが少ないんだってcoldsweats01

今日のベルばらは、オスカルを一途に愛し続け、フランス革命
の動乱に巻き込まれていくベルばらの辛抱役・アンドレのお話。
宝塚の代表作品『ベルサイユのばら』とは視点を変えて原作者・
池田理代子氏が書き下ろした『外伝3部作』の中のひとつです。

真飛聖ちゃんの凛々しく正義感の強いアンドレ、壮一帆クンの
男気のあるアラン、愛音羽麗ちゃんのオスカルも美しく、
なかなか絶妙なキャスティング。

戦場に向かう前夜、オスカルが女性としてアンドレと一夜を共に
する「今宵ひと夜」
ベルばらの「お決まり」の場面ですが、やっぱり「愛あればこそ」
をくさ~く熱唱してほしかったなぁcoldsweats01


変わって2部は、スパークリング・ショー『EXCITER!!』
花組は、下級生までキザり方が堂に入ってるな~good
舞台の隅々までエネルギッシュなパワーに溢れたショーでした。
うん、元気もらった!rock










« レ・ミゼラブル | トップページ | チョコレート色の山手線 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/46649189

この記事へのトラックバック一覧です: ベルサイユのばら アンドレ編:

« レ・ミゼラブル | トップページ | チョコレート色の山手線 »