« 松竹大歌舞伎ロンドン公演 | トップページ | 四十九日 »

2010年2月26日 (金)

フィギュアスケート フリー決戦!

いよいよ今日は、バンクーバー五輪フィギュアスケート
女子シングルフリー
決戦日。

日本勢最初の出番は鈴木明子ちゃん
職場のテレビが街頭テレビと化し、みんなでかじりついて見て
しまいましたcoldsweats01

曲は『ウエストサイドストーリー』
表情は落ち着いているようです。
一箇所ジャンプの後でバランスを崩してしまったのが残念
でしたが、軽やかなステップに場内から手拍子が起こります。
演技を終えると、会場はものすごい拍手喝采shine
感極まって涙ぐむ明子ちゃん。
ついもらい泣きしそうになってしまいましたweep
ほんとうに彼女の表現力は素晴らしい!
結果は188.44点で自己ベストを更新し、この時点で暫定1位!

今回の明子ちゃんの使用曲は『ウエストサイドストーリー』
ある日ファンレターの中に、映画版『ウエストサイドストーリー』
でベルナルド役を演じアカデミー助演男優賞を受賞した、あの、
ジョージ・チャキリスご本人からの手紙が紛れていたんだそう
です。
手紙には
「時がたってもこうして受け継がれていることがすごくうれしい。
オリンピックでの成功を祈っています」
と綴られており、明子ちゃんは、
「世代も、世界も、やっている場所も全然違うのに、こうやって
つながっているんだ」と思ったという。


お昼をさっさと食べ休憩室に行くと、まさに安藤美姫ちゃん
演技が始まるところ。

『クレオパトラ』になりきる為、日焼けをして髪カットしたという
美姫ちゃん。
衣装もおNEWです。
ジャンプはソツなく全て決め、「演じ切った」という感。
暫定1位に付けます。


続いてキム・ヨナ選手
ジャンプが完璧なのはもちろん、時に妖艶だったりコミカルだっ
たり、その表現力は圧倒的なものがあります。
演技が終わる前から会場はほぼ総立ち状態。
演技を終えて、いつも冷静なキム・ヨナの目に感激の涙crying
自己の持つ世界最高得点をさらに更新、228.56点という
信じられない高得点で1位に踊り出ます。


キム・ヨナへの拍手と歓声が鳴り止まないリンクへ飛び出して
いった浅田真央ちゃん
ちょっと緊張しているかな?頑張れ!
今回の使用曲ラフマニノフの『鐘』は、今までの真央ちゃんの
イメージを覆すような重厚で壮大な曲。
厳しい表情を作って全身で演技します。
五輪史上初のトリプルアクセルを2回成功させますが、最後
のジャンプで片足が氷に引っかかるというミスcoldsweats02
その後は持ち直して、素晴らしいステップでこれまた場内から
大きな拍手と歓声。
天を仰いだ真央ちゃんは、ちょっと納得のいっていない様子。

自己ベスト更新の205.50点の高得点で、銀メダルが決定
しました。


おっと、昼休みが終わってしまう。
仕事に戻らねばcoldsweats02


その後のインタビューでは、悔し涙が止まらなくなってしまった
真央ちゃん。
表彰台でも満面の笑みとはいかなかったようですが、あの
プレッシャーの中でこれだけの演技をしたことに、心から拍手
ですshine


フィギュアスケート女子フリー 結果
1位 キム・ヨナ(韓国)
2位 浅田真央
3位 ジョアニー・ロシェット(カナダ)
4位 長洲未来(米国)
5位 安藤美姫
6位 ラウラ・レピスト(フィンランド)
7位 レイチェル・フラット(米国)
8位 鈴木明子


3位の地元カナダのジョアニー・ロシェット。
オリンピック直前にお母さんを亡くされた悲しみを乗り越えての
演技は素晴らしかったと思いますが、ちょっと贔屓目アリかなぁ
な~んて思ってしまったcoldsweats01

米国籍の長洲未来ちゃんも大健闘で、日本人の入賞が半数を
占めるなんて凄いです!scissors
そしてフィギュアスケートは、試合後のエキシビションも楽しみ
なんですよね~happy01

« 松竹大歌舞伎ロンドン公演 | トップページ | 四十九日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/47671671

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート フリー決戦!:

« 松竹大歌舞伎ロンドン公演 | トップページ | 四十九日 »