« ラムくんゲット! | トップページ | 7ヶ月 »

2010年3月16日 (火)

霧の旗

いよいよ今日、市川海老蔵さん現代劇初主演ドラマ 
生誕100周年 松本清張ドラマスペシャル 『霧の旗』
が放映になりました。

Mainvisual

辣腕弁護士・大塚(海老蔵)のところに、兄の冤罪を
晴らしてほしいと桐子(相武紗季)という女性がやって
来る。
桐子の兄は、無実の罪を晴らせぬまま獄中で病死して
しまうが、弁護を断られたことを恨みに思う桐子は、
1年後再会した大塚に、ある意図を持って近づく。
エリート弁護士として華やかな生活を送っていた大塚
が、桐子によってどんどん追い詰められていくところ
が見どころ…ということだったのですが、危機迫る
ような感じはあまりなくて…、ちょっと期待はずれcoldsweats02
相武紗季ちゃん、ちょっと迫力不足かな。
やっぱり松本清張サスペンスは、『黒革の手帳』の米倉
さんくらい悪女じゃないと…coldsweats01

海老さまも、細部までこだわって役作りをしたのは
伝わってきたものの、ドラマの中で一貫したキャラが
見えなくて、いまいち感情移入出来なかったかなぁ。
心配だった(?)戸田菜穂さんとのラブシーンは、意外
と淡々としていて、ホッcoldsweats01
霧に包まれた湖でのラブシーンは、とっても綺麗
でした。

この経験を経て、海老蔵さんの歌舞伎の舞台にも
幅が出ることに期待!です。

« ラムくんゲット! | トップページ | 7ヶ月 »

市川海老蔵」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/47831387

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の旗:

« ラムくんゲット! | トップページ | 7ヶ月 »