« 真夏日 | トップページ | アカチャンホンポ »

2010年5月22日 (土)

五月花形歌舞伎

海老さまご出演の『五月花形歌舞伎』を新橋演舞場で
昼夜通し観劇して参りました。

建替えのため休場となっている歌舞伎座に代わり、5月
からは、新橋演舞場が歌舞伎のメイン劇場となります。

100504_eb01
初日の5月4日には、新橋演舞場85年の歴史の中で
初めて劇場正面に櫓がお目見え。
芝居小屋の櫓は、江戸時代には幕府公認の劇場
である証だったそうです。

Dsc01846
登場した櫓には、新橋演舞場の座紋「雪月花」が
染め抜かれています。

Dsc01851

夜の部最後の演目 歌舞伎十八番の内『助六由縁江戸桜』
海老さまの助六、ほんとうに絵に描いたように
美しい~lovely
お席が2階前方席だったので、花道で段切りの傘を
仰いで決まると、ちょうど良い角度で美しいお顔が
拝めました。

そして今回の『助六』、珍しい“水入り”の場面があるの
です。
紛失した源氏の重宝「友切丸」を取り返すため、火消し
の桶の中に潜む助六。
最後、水を撒き散らしての大立ち回りで幕となります。
通常、友切丸を追って助六が花道に引っ込むところで
終わってしまうので、この演出は納得でした。

全身びしょぬれで熱演の海老さま。
まさに、水もしたたるいい男!ですheart02

『五月花形歌舞伎』
5月4日~28日 新橋演舞場

Shinbashi201005b






« 真夏日 | トップページ | アカチャンホンポ »

市川海老蔵」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/48442073

この記事へのトラックバック一覧です: 五月花形歌舞伎:

« 真夏日 | トップページ | アカチャンホンポ »