« インファント・コミュニティー | トップページ | 卒業おめでとう »

2012年3月11日 (日)

3月11日

3月11日。
東日本大震災から丸一年。
各地で慰霊祭が行われました。

買い物をしていたIKEA港北でも、14時46分を告げる店内アナウ
ンスが流れました。
(夫いわく。
私、姫ちゃまを椅子に座らせようと必死だったので、気づかなかっ
たのですがcoldsweats01

たまたま車の中で見ていたテレビでは、地元の再興応援のため
避難所などで合唱を披露し続けた仙台市立八軒中学校吹奏楽・
合唱部と、姉妹校でもある神戸市立玉津中学校吹奏楽部との
交流を伝えていました。


八軒中学吹奏楽部・合唱部は、震災直後の昨年3月19日、
津波の被害を免れたため避難所となっていた自校の体育館で
避難されていた方を招いてコンサートを開催しました。
同日は、鹿児島で開催された全日本アンサンブルコンテストへ
出場予定だったのですが、地震のため出場出来なかったのです。
彼らが歌う復興支援ソング「あすという日が」は、人々に勇気を
与え、その後様々なメディアで取り上げられ、CDにもなりました。


その活動を支援していたのが、阪神大震災で被災した経験を
持つ玉津中学校。
東日本大震災翌日、吹奏楽部の生徒が中心となって声をあげ、
5回のチャリティーコンサート開催。
集まった募金は、八軒中学吹奏楽・合唱部の活動にあてられ
ました。


今日は、八軒中学の体育館で、当時避難していた地元市民を
招いて「あすという日が」が披露され、また神戸の玉津中学では、
被災地を励ます歌として生徒たち自ら作詞した「しあわせ運べる
ように」が歌われました。

不肖、私も高校時代吹奏楽部だったので、イキイキと歌う八軒
中学の生徒さんたち、そして「誰かのために歌うって楽しい」
と目を輝かせていた玉津中学の生徒さんの言葉に目頭が熱く
なりました。


なにも出来ない自分がもどかしいけれど、1日も早く、家や家族
を失った子供たち、そして心を痛めている日本全国の子供たち
の心の傷が癒されることを祈るばかりです。

« インファント・コミュニティー | トップページ | 卒業おめでとう »

こよみ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/54198679

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日:

« インファント・コミュニティー | トップページ | 卒業おめでとう »