« 当選! | トップページ | 町内一周 »

2013年8月14日 (水)

花咲かじいさん

市川海老蔵 第1回自主公演 ABKAI(えびかい)
観て来ました。
演目は、歌舞伎十八番の内『蛇柳』(じゃやなぎ) と、
新作歌舞伎『疾風如白狗怒涛之花咲翁物語』
(はやてのごときしろいぬ どとうのおきなのはなさきものがたり)

~はなさかじいさん~ の2本立て。


Img_2095

『蛇柳』は、1763年に四代目市川團十郎が初演した演目。
歌舞伎十八番の復活として、舞踊劇にして上演しました。

Img_2093



















宮沢章夫さん
脚本、宮本亜門さん演出による新作歌舞伎は、
ご存じ『花咲かじいさん』
かねてから日本昔ばなしを歌舞伎にする構想を持っていた
海老さまが、お二人の鬼才とタッグを組み、歌舞伎を観たこと
のないお客様にも楽しんでいただける舞台を目指しました。

海老さまが演じるのは、「ここ掘れワンワン」でお馴染みの犬・
シロと、意地悪じいさんの2役。
どちらも非常~~にイキイキと、楽しそ~~~に演じておられ
ました。


本日の舞台は、前日に海老さまがブログで
「明日の舞台はサプライズ演出あり。
ある芸能人の方が飛び入り出演します」
と告知しておりました。
どなたの飛び入りが…?と楽しみにしておりましたら、ナイン
ティ―ナインの岡村サン
でしたgood

おもむろに一寸法師の乗ったお椀が川から流れて来…。
と、一寸法師に扮し巨大箸を持って登場した岡村さん。
「たのもう~」と勇敢に台詞を述べ、岡村さんにちょっかいを
出す海老さまと愛之助さんを
「お兄様方、練習通りやらせて下さい」
と振り払い、見得まで切って、弁慶の飛び六法で引っ込んで
行きました。
カーテンコールでは、ブレイクダンスを披露、客席も海老さま
も拍手喝采でしたshine

「めちゃ×2イケてるッ!」の「岡村オファーがきました」シリーズ
第13弾としての企画で、成田屋の高弟・市川新蔵さんが1か月
みっちりお稽古をつけて臨んだ舞台だったそうです。
過去には、SMAPやEXILEのライブ、劇団四季のライオンキング
にも出演を果たしている岡村さん。
なかなかの出来栄えでしたgood
一寸法師もぴったりだったし…wink
この舞台の模様は、9月21日の「めちゃイケ」で放映になるそう
ですので楽しみ!happy01


愛之助さん演じる善いおじいさんが、殺されてしまったシロの
灰を木に撒くと、満開の桜が咲き…。
桜吹雪の舞い散る中、終幕~~。
楽しそ~~な海老さま以上に、客席もほんと楽し~~~い舞台
でした。


伝統の伝承としての歌舞伎十八番の復古上演は、2月に逝去
された父・市川團十郎さんの意思を継ぐもの。
またここシアターコクーンは、新時代の歌舞伎の創造を目指し
中村勘三郎さんがコクーン歌舞伎を上演していた場所。
海老さまが尊敬する二人の先輩方に見守られて、素晴らしい
自主公演でしたshine

ABKAI えびかい
         2013年8月3日~18日
         Bunkamura シアターコクーン

« 当選! | トップページ | 町内一周 »

市川海老蔵」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521710/57999769

この記事へのトラックバック一覧です: 花咲かじいさん:

« 当選! | トップページ | 町内一周 »